憧れの二重をGET|整形を成功させるポイントを大公開

女の人

埋没法と切開法の違い

目を瞑る人

プチ整形と切る手術

二重まぶたの美容整形手術には切らない埋没法と、切る切開法があります。埋没法はいわゆるプチ整形の一種です。まぶたに一切メスを入れず、針と極細の糸だけで一重まぶたを二重にします。手術をする前には、執刀医とカウンセリングをしてどういう二重まぶたにするのか決めます。そしてデザインが決まったら局所麻酔をしてから手術を行います。手術時間は左右合わせて20分〜30分程度です。メスを使わないプチ整形ですが、しばらくはまぶたが腫れた状態になります。デザイン通りになるのは手術をしてから一カ月ほど経過してからです。切開法は埋没法よりもはっきりしたラインを作りたい場合や、まぶたに脂肪が沢山ある場合に向いている手術です。メスを入れてデザインした通りに二重のラインを作ります。手術は局所麻酔をして行い、手術時間は1時間ほどで終わります。切開を伴うため、埋没法よりもダウンタイムが長くなります。外国人並みの幅広のラインを作れて、半永久的に持続するのが切開法のメリットです。手術費用は埋没法と切開法ではだいぶ違います。埋没法の相場は5万円〜10万円です。手術費用には局所麻酔代や薬代などが含まれているのが一般的ですが、念のために確認しておくことが大切です。埋没法は糸だけで二重を作るプチ整形なので、時間が経過すると糸が緩んで二重のラインが薄くなることがあります。そのようなリスクに備えるため、クリニックによっては保証つきの手術プランを用意しています。保証があれば、保証期間内に不具合があった場合、ラインが薄くなった場合に無料または割安に再手術ができます。保証つきプランだと手術費用が2割ほど高くなりますが、万が一に備えておけば安心です。切開法の手術費用は左右合わせて30万円前後が相場です。切開法の場合は手術から一週間後くらいに抜糸をする必要があります。そのため、基本的に抜糸代や薬代などが含まれているのが一般的です。抜糸をしてからも一カ月おきの経過観察のための通院があるクリニックもあるので、その通院費用も含めていくらになるか予算を組んでおくことが大切です。